いつぞや、国産車にターボエンジンのブームが到来し、各メーカーが競うようにターボ車のラインナップ充実を図った時期がありました。
ただし、現在はそういったブームは皆目影を潜め、軽自動車を除けばターボ車は数える程しかありません。

ただし、一方でヨーロッパではターボが流行してあり、一際燃費や環境性能向上を目的としたダウンサイジング・ターボは、なんだか花盛りだ。
燃費・環境対策として、ハイブリッド車が主流になっている日本は、根本的に考え方が違うようです。

ただ、ターボ車でやむを得ず気になるのが、ターボラグと言われるレスポンスの遅れや、ブーストが効くまでのパワー感の乏しさだ。
最近のターボエンジンは、昔のような「ドッカンターボ」は少なくなり、リニアな出力特性を備え付ける物が増えています。

ただし、でもNAエンジンといった随分同じナチュラルフィールを望むのは、難しいようです。
カタログ上では最大トルクの発生回転数が低くても、正に走らせてみると低回転域での加速は緩慢で、多少回転が上がると俄かに元気になるという傾向が、多かれ少なかれ見られます。
又、アクセルを踏んです瞬間に、打てば鳴り響くようなレスポンスを示してくれず、ワンテンポは言わずとも半テンポほど反応が遅れる感じもあります。

その点、かわいらしく出来たNAエンジンの場合、絶対なパワーやトルク感ではターボエンジンには敵わなくても、リニアなパワーの盛り上がりや、レスポンスの良さなど、独特の魅力があります。

ただ、ターボ車並みの動力性能を求めると排気量が大きくなってしまうので、燃費や二酸化炭素排出量の点で不利になってしまいます。
又、日本においては、排気量がでかいぐらい自動車税も高くなってしまうので、維持費の点でも余り喜ばしくありません。

その意味では、感覚的なものには相当目を瞑って、NAエンジンではなくダウンサイジング・ターボによるほうが、時代のニーズに即していると当てはまるようです。スポーツカー ランキング

私はイタリア・サンタアガタボロネーゼにおけるスポーツカーメーカー「ランボルギーニ」が大好きです。車好きなら誰でも一度は乗ってみたいと思うのではないだろうか?ランボルギーニといえば低い車体や上に解くドアが特徴的である。エンブレムの闘牛は他社フェラーリがスピードを象徴している事に関しパワーを象徴するに関してが秘められているとも言う。ランボルギーニ社は根っからトラクター等を製造する農機具会社だった。当時の社長、フェルッチオ・ランボルギーニ氏がフェラーリを超えるようなスポーツカーをしくみたいという思いを込めて作られたメーカーなのである。ランボルギーニ社の歴代モデルはどれも攻撃的かつ洗練されたデザインで見極める者を魅了する。ランボルギーニ社は1963年創業で昨年創立50周年を迎えた。1970年代日本で巻き起こったスーパーカーブームもランボルギーニは1,2を戦う人気だった。現在のランボルギーニ社のフラッグシップモデル「アヴェンタドール」は700馬力を発生するエンジンを搭載してあり歴代ランボルギーニのデザインを継承していらっしゃる。価格は日本円で4000万円~。家が建つような値段だがその魅力は大変素晴らしいものです。どうしても皆様にもランボルギーニの素晴らしさを多少なりとも理解していただけたらという。セダン 人気

最近の自動車は衝突場合乗員というツーリストを続けるために、頑丈に作っている所とそうでない所があります。
頑丈に作って生じる部分は、言うまでもなくキャビン周りでそんなに潰れないようになっています。
逆に頑丈でない部分、衝突場合潰れ易くなっている部分は車のフロント部分等だ。

なぜこの構造になっているかというと、クッションのように衝突ときの衝撃を軽減するためです。
ブレーキをかけるときを考えて下さい。おんなじ速度で走っていた時、弛くブレーキをかけた場合と、急ブレーキをかけた場合では体にかかる衝撃が違う。このように速度をゼロまで燃やす時間が長ければ長いほど、かかる衝撃は少なくなります。

衝突が起きる場合でも同じで、如何に長くをかけて速度を燃やすかが大事となります。正面衝突の場合フロント部分まで頑丈に作り上げるよりも、潰れ易くしてしまうためフロントの長さ分だけ減速する時間が稼げます。

無論減速するためにはハリが必要なので、完全にグニャグニャでは意味がないですが、しばらく潰れ易くすることで、乗員、ツーリストへなるべく穏やかに衝撃が蔓延るようになっています。

このように車は複雑な設計を行うため平安を確保している。但しでも限界はあるので、安全に気をつけて運転したいものです。http://xn--2017-zg9gx74d885d.com/

地方に住んでいると一生の間に見ることがあるかどうかもわからないスーパーカー。そういうスーパーカーの代名詞とも言えるランボルギーニですが、お値段は「アヴァンタドール」というモデルが4,000万円オーバーという、田舎だったら単なる豪邸が建てられそうな価格だ。発売してから2年ほどたっていますが、都心のディーラーではこういう2年間で40台を超える注文があったんだとか。単純計算だと4,000万円×40台=16億円!地方の国産車ディーラーだったらこれだけの売り上げを達成するためには何百台の車を売らなければいけないことでしょうか。軽自動車だったら1,000台以上は必要ですね。
かといって、まぁあんな車ですから売った後のサービスも大変そうだから、高級車ディーラーの営業にはまた別の苦労があるんでしょうね。英語とか出来ないとクライアントを見逃すこともありそうだし、単なる営業トークもそれなりのレベルのものが求められそうです。取り敢えずお金を持っているお客の相手をしようと思ったら、同じ会話ができるくらいの知識や教養がないとダメそうです。地方で軽トラックを買って得るおじいちゃんを相手するのも違う苦労があるだから、いずれにしても苦労することに変わり無さそうです。 コンパクトカー 人気

子どものいる家庭で、クルマを買う時にどのクルマを貰うかで父と母のバトルが始まる時があります。
お父さんは、自分が股がるのだから走りやスペックにこだわったクルマにのぼりたい。
お母さんは、休日のお出かけに荷物がたくさん積めてのんびり座れるクルマにのぼりたい。
お父さんがクルマを差し換えたいってカタログを持ってきたら、スポーティでスタイリッシュなクルマのカタログだったことありませんか?
そうしてお母さんが、あんな狭苦しいクルマお断りと抵抗してお父さんがたじたじなっていた家庭も多い筈。
お母さんの気持ちも分かります。広くて荷物のたくさん加わるクルマはいざという時にとても便利です。
子どもだけではなくて、お友達も一緒にのせて授ける事も出来るので必ずや喜んでくれるでしょう。
も、新しく貰うクルマはこれからもずっと乗り続ける大事な家族だ。
そうしてそのクルマはお父さんが大事にメンテナンスして乗るのですから、お父さんにおいて息子も同然だ。
毎日クルマに乗って通勤をするお父さんが、大きなクルマで空気を運んでいるのは地球にも乏しいのです。
大きなクルマがいいと思ってるお母さん、お父さんが希望するクルマの事をほんのり知ってくれませんか?
そのクルマのよさを知ればさぞかし長く家族として付き合えますよ。男の股がるクルマは長く一緒にいられるクルマなのです。SUV 人気

新型のスバルWRXSTIとS4が発表されましたが、やっぱハッチバックが無くなってしまったのは残念ですね。そうはいっても、車そのものの出来は期待を裏切ることは無さそうです。
ほしいけどSTIはオーバースペックかなと想うものの、S4にはマニュアルがないのが残念だと思っている人は多いと思います。これにも一概に理由があって、S4に搭載罹るエンジンの出力に対応したマニュアルトランスミッションが無いそうです。マニュアル仕様を作ろうとすると、STIと同じコミュニケーションを積まないといけないので、そうなるとSTIといった価格的にも性能的にも違いがなくなりそうですね。
アメリカ仕様にはMT仕様があるのに!と思ったけど、これも理由があって、アメリカのMT仕様ってエンジンの出力が日本仕様よりもはなはだ少ないんですね。コミュニケーションの性能によって出力を下げたエンジンになっているので、ハイパワーエンジンかマニュアルトランスミッションか?という悩ましい選択だったようです。確かに、何とかMT仕様を作ってもエンジンがしょぼいって「うーん?」って思っちゃいますね。
300馬力クラスに対応したコミュニケーションを作ってくれるのが一番良いんでしょうが、そこは会社としても規模を考えるといった延々と耐え難いのでしょう。ハイブリッドカー比較|2016年人気のハイブリッドカー一覧

私は軽自動車が好きです。
男性が跨るなら軽自動車は狭いかもしれません、小柄な私には丁度良いサイズだ。
軽自動車は、狭い道もスイスイ走れるので、道が混んでいても狭い抜け道を通れます。
また、税金が安いところも良いです。
可愛い車ですが、キャンプが出来るように、座席がフラットになって足を伸ばして寝られる車もあります。
屋根にテントを乗せる事も出来ます。
軽自動車だから、出来ないは別にありません。
燃料が小さく済むので、通勤に取り扱うのも良いです。
交通費の節約になります。
乗り合いで取り扱う事が多い、または家族が多い等の事情がないかぎり、軽自動車で充分と思います。
タイヤも軽自動車のほうが安いですし、車検も安いです。
良い事ずくめだ。
私は、自動車教習所以外では軽自動車しか乗った事がありませんが、不便を感じた事がありません。
小さい道や、停めがたいパーキング、運転に自信のない人の見方だ。
断然好きな車種はありませんが、デザインも千差万別があり、改造も思いっきり出来ますので、自分に合う車を見つけ易いだ。
ただ、人気があるので、ユースドカーは若干値段が下がりにくく、よく安くなりません。
でも、がんらいが乗用車と比べてリーズナブルなので、買い易いだ。ミニバン 人気

芸能人や国会議員のように、クルマの世界でも2世カーが流行りだ。個人的には好きです。とにかくFIAT500、これがまた嬉しい!! 

各社過去のエポックメイキングなクルマを現代に蘇らせたことは個人的には嬉しく思っています。

ただひとつだけ納得できないのが…、BMWのMINI。ほんとに会社も国も違うし、名前だけで関連がないですから論外だ。クルマ自体はひどく良いのにこういうネーミングでこういう車が嫌いになりました。

過去にMINIにはまり、3台乗り継いです青春のクルマ。クラブの皆でツーリングに行ったりそのクルマが持つ奥深い魅力がたくさんありました。こういうクルマにて多くのことを学んだ人生の先生もあったのです。ですから名前だけを受け継いだMINIは好きになれません。

初めてそのクルマ形作りにかつてのMINIが持っていた革新的なものなど一切ないからです。古くMINIは多くのクルマメーカーが学ぶべき多くの技術を持っていました。日本車もMINIがあったからこういう繁栄を成し遂げられた部分があると思います。今のMINIにはそれが無い。

苦しいことを書きましたが個人的にMINIは英国のあのちっちゃなかわゆいクルマ以外に有り得ないのです。MINIを降りて10年、これからたいてい所有することのないクルマですが私のクルマ人生の先生であることはこれからも貫くでしょう。軽自動車 ランキング

トヨタ86が日本国内でマイナーチェンジされて主にサスペンションの設定変更などが行われたのが最近ですが、ヨーロッパもマイナーチェンジが受けるそうです。改良の内容は日本のマイナーチェンジという基本的におんなじとなっていて、ショックアブソーバーの特性の見直し、サスペンションチューニングといった操縦系のものから、シャークフィンタイプのアンテナやダッシュボードをカーボン調にするといった内外装に及びます。
気になるのはショックアブソーバーやサスペンションを改良した内容だ。日本車って欧州車ってサスペンションの設定が基本的に違いますが(ヨーロッパ車は足回りがごつくて、ステアリングもつらいというイメージだ)、今回の86の設定変更も日本といったヨーロッパでは特性が異なるのでしょうか?まぁ、スポーツカーなので元々の足回りもそれほど固そうですから、そう考えると日本でもヨーロッパも一緒のかなと言う気もしますが、でもやはり津々浦々向けはヨーロッパ向けに比べれば柔らかそうな気もします。最も、のぼり調べることなんてできないので、想像するしかないですけどね。
それにしても86って今や発売してから2年が経つんですね。あと1年くらいで最初の車検なので、手放す人も増えて手頃なユースドカーが目立ちそうですね。輸入車 人気 ランキング